川沿いがベスト!マキノ高原キャンプ場のテント設営場所を解説(林間サイト)

旅行・キャンプ

今回は22年10月にマキノ高原キャンプ場(林間サイト)に家族4人で行ったので、紹介していきます!

子どもが4歳と2歳で、わちゃわちゃしましたが、子どもも大人も楽しめるオススメのキャンプ場でした。

こんなキャンプ場を探している人にオススメ

  • 涼しいオートキャンプ場(車乗り入れ可)
  • 遊び場がある(川遊び)
  • 温泉が徒歩圏内にある
  • トイレが清潔
  • 大阪から2時間以内
幼児連れファミリーキャンプで絶対に押さえておくべきポイント
はじめに:幼児連れキャンプの魅力と準備の重要性ファミリーキャンプは、家族全員が自然と触れ合い、一緒に特別な時間を過ごす絶好の機会です。特に幼児にとっては、日常とは異なる環境での新しい体験が成長の一助となります。しかし、幼児を連れてのキャンプ
新しいタブで開く)

林間サイトでのテント設営場所のコツ

初のフリーサイトということで、テントの設営場所をどのように選ぶか、若干の不安がありました

そこで、初めて訪れる方に紹介していきます。

川沿い

1番のおすすめ場所はココです!

林間サイトへの橋を渡って右折すると川沿いに設営スペースがあります。

木々で何となくの区画があるような感じで、テントが並びます。

川側にテントの入り口を設営すると、テント内を通行する人に見られることもありません

川にもすぐに降りられるので、夏はさらに人気の場所だと予想します!

高台の上

ここは少し高台のようになっており、見晴らしが良さそうでした。

スペースは1家族分ほどでしたので、人気の場所なのかもしれません。

私がキャンプした日は、私の父くらい(60歳くらい?)の夫婦の方がゆっくりと読書してらっしゃいました。

遠目から見てもカッコよかったです!

高台のため、トイレや温泉、炊事棟は林間サイトの中では少し遠いところに位置します。

子供が小さく、遊びたい盛りの家族の場合は、わざわざ選ぶ場所ではないかなという印象です。

広場近く

唯一の遊具である滑り台と林間サイト中央の炊事棟付近は開けており、複数のテントを並べて設営することが可能です。

そのため、グルキャンでも問題なさそうです。

林間サイトの端っこ

サイトの端の方は木が生い茂っているので、影が濃く秘密基地感がありました。

温泉からは1番遠く(徒歩で行けます)、ソロで静かにキャンプができそうでした。

家族キャンプでわざわざ選ぶことはなさそうです。

マキノ高原キャンプ場(林間サイト)の特徴

アクセス

大阪市内からおよそ2時間程度で着く、行きやすい立地です。

料金

家族4人での、合計料金は7,900円でした。

内訳はこんな感じです。

項目料金合計
基本料金5,000円5,000円
アーリーチェックイン1,000円1,000円
入場料(人数分)小学生以下;200円
中学生以上:300円
1,000円
(パパママ:600円 
 4歳・2歳:400円)
ゴミ処理料(1組)500円500円
美化協力金(人数分)100円400円
合計7,900円

その他、料金一覧はコチラを参考にしてください。

料金表|『マキノ高原』|キャンプ|スキー|グラウンド・ゴルフ|マキノ高原温泉さらさ|レストラン|滋賀県|高島市|マキノ町
マキノ高原観光株式会社の料金表です


良いところ

今回、宿泊した「林間サイト」について、紹介していきます。

お風呂・トイレがきれい

新しいという訳ではありませんが、きれいに掃除されており、問題なく使用できます。

ただ、夜は光に集まって虫が多い可能性がありますので、苦手な方は注意してください。

自然の中で遊べる

林間サイトのすぐ横に川があります。

子どもの足首ほどの深さの場所が多く、川遊びの場所としては絶好のポイントです。

虫や魚などの生き物もいるので、新鮮な経験が得られるのではないでしょうか。

10月初旬だと川の水はやや冷たいですが、足だけ入る分には問題ありませんでした。

陽の光が当たるところは暑く、ちょうど良い感じですが、木陰にある川の水は冷たく感じると思います。

もちろん、着替えは必須です笑

炊事棟が複数あり混雑しない

私が宿泊した時は満員でしたが、林間サイト中には炊事棟が複数あるため、混雑することはありませんでした。

車の乗り入れが可能

ただでさ、荷物が多くなるファミリーキャンプではオートキャンプ場が大変便利です。

車から荷物を運ぶ手間がないのは、とても便利です。

フリーサイトで、ロープなどの区切りはありませんが、テントが張りやすい場所は見るとわかります。(木がいい具合に開けていたら)

ただし、車が近くに停めれて、活動スペースもあり、川の近くとなると、みんな狙います笑

場所は早い者勝ちなので、アーリーチェックインがおすすめです。

(私は初心者なので、フリーサイトの場所選びが難しいと思い、アーリーチェックインしました!)

気になるところ

予約が取れない

コレにつきます。

相変わらず、キャンプブームのため、人気のキャンプ場の土曜はほぼ満員です。

また、マキノ高原はキャンセル料がかからないため、重複して予約してる方もいるかも・・・

粘り強く見ていると空いていることも多々あるので、諦めずに予約しましょう。

予約はコチラから

マキノ高原キャンプ場への予約
マキノ高原キャンプ場への予約サイトです。

林間サイトの地面

基本的には土で、切り株があったりします。

また、砂利とまではいきませんが、小石が多く、レジャーシートだけだと足の裏が痛くて歩けないかもしれません。(足裏のツボが、、、笑)

そのため、テント内もコットや厚めのマットなどがあるといいでしょう。

 

林間サイト以外の立地

林間サイト以外にも、高原サイトなどあります。

ただ、林間サイト以外は温泉や管理棟までの距離が少し遠く、小さな子どもがいると苦労するかもしれません。

また、高原サイトは傾斜があるので、設営の場所を選びます。

道路の渋滞

大阪方面からマキノ高原へ向かうと湖西道路を利用することになりますが、ほぼ確実に渋滞します。

行きも帰りも。

そのため、予定よりは30分程度の余裕を持って向かうようにしましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました